フランクシナトラの「私の道」は、死について歌う唯一の方法です — 2021

これは、作曲家のジャック・レヴォーとギルス・ティボーによって書かれた「Comme D’Habitude」(翻訳:「AsUsual」)と呼ばれるフランスの歌として始まりました。彼らはそれをフランスのポップスター、クロード・フランソワに持っていきました。クロード・フランソワはそれを少し調整し(共作者のクレジットを獲得)、1967年に録音しました。そこではヨーロッパの一部でヒットしました。フランス語版は、結婚生活の終わりを生き、日常生活の退屈によって愛が殺された男の物語です。

ポール・アンカはフランスを訪れたときにこの曲を発見し、ニューヨークに戻ったときに歌詞を「マイウェイ」として書き直しました。アンカは、その言葉が彼に届いたのは雨の夜の午前3時だったと言います。非常に人気のある歌手であったアンカは、1968年12月30日に録音したフランクシナトラに曲を売り込みました。アンカの歌詞は、彼が自分の言葉で生きた人生を愛情を込めて振り返る男性とシナトラの歌詞に意味を変えました。バージョンは彼の代表曲の1つになりました。
アメリカでは、1969年の精神でジャイブしなかったため、これはチャートでの控えめなヒットにすぎませんでした。しかし、イギリスでは、1970年から1971年の間に6回チャートに再登場した暴走ヒットでした。チャート上で最長の滞在記録を保持しています。

フランク・シナトラが彼の歌を歌い、

Frank_Sinatra_by_Gottlieb –ウィキペディア



40年代から50年代初頭にアメリカのポピュラー音楽チャートを支配した後、シナトラはロック時代に数年のダウンを過ごしましたが、「ラーニン・ザ・ブルース」(1955年)や「夜の見知らぬ人」など、いくつかの大ヒット曲を管理しました。 」(1966年)それぞれがHot100で1位になりました。



「MyWay」は彼の人気曲の1つになりましたが、このチャートには非常に歩行者が配置されており、前のトップ40シングル「Cycles」(1968年の#23)よりも低い#27になっています。しかし、「マイウェイ」は途方もない滞在力を持ち、コンサートのショートッパーになりました。また、シナトラが「ニューヨーク、ニューヨーク」で戻ってきた1980年まで、米国での最後のトップ40ヒットでした。
シナトラは、最後のカーテンに向かって歌ったとき、おそらく火葬場の赤いベルベットのドレープを念頭に置いていなかったでしょう。しかし、2005年に、Co-Operative Funeralcareによる調査では、この曲が英国の葬儀で最もリクエストされた曲のトップになりました。スポークスマンのフィル・エドワーズは、次のように述べています。



(( ソース

'私のやり方'

そして今、終わりが近づいています
そして、私は最後の幕に直面します
私の友人、はっきり言っておきます
私は自分のケースを述べますが、そのことは確かです



私は充実した人生を送りました
私はすべての高速道路を旅しました
しかし、これ以上に
私は私のやり方でやった

後悔、私はいくつかありました
しかし、繰り返しになりますが、言及するには少なすぎます
私はしなければならなかったことをしました
そして免除なしでそれを見抜いた

チャート化された各コースを計画しました
通路に沿った各注意深いステップ
そしてもっと、これよりはるかに
私は私のやり方でやった

はい、時々ありました、あなたは知っていたと確信しています
噛むことができる以上に噛んだとき
しかし、それを通して、疑いがあったとき
食べて吐き出しました
私はそれに直面し、背が高く立っていました
そしてそれは私のやり方でした

私は愛し、笑い、泣きました
私は失うことの私のシェアを埋めました
そして今、涙がおさまるにつれて
私はそれがすべてとても面白いと思います

私がそれをすべてやったと思う
そして、私は言うかもしれません–恥ずかしがり屋ではありません
ああ、いや、いや、私じゃない
私は私のやり方でやった

男とは何か、彼は何を得たのか
彼自身でなければ、彼は何もしていません
彼が本当に感じていることを言うために
そしてひざまずく人の言葉ではありません
記録は私が打撃を受けたことを示しています
そしてそれは私のやり方でした

はい、それは私のやり方でした

関連 : フランクシナトラ、ブレンダリーなどによるいくつかの古典的なホリデーソングが新しいミュージックビデオを取得しています

次の記事をクリックしてください